色素沈着には様々な原因と分類がある

色素沈着ニキビの痕迹など、消失しない色素沈着をなんとかしたい!女性なら誰しも思うことでしょう。色素沈着には様々な原因と分類があるので、治るのに時間のかかるものありますが、中には自分の日々の習慣、行動を変えれば出来にくくなるここともあるんですよ。なるべく色素沈着が起きないように予防できる方法と、出来てしまった色素沈着を出来るだけ薄くするための対処方法をご紹介します。

色素沈着型ニキビ痕迹
はじめに色素沈着型ニキビ跡(痕)の原因や治し方について紹介していきます。色素沈着型ニキビ跡(痕)は色素沈着の色の違いでさらに3種類に分けられるため、それぞれをくわしく紹介していきますね!

1.赤みが残るニキビ跡
顔はニキビの原因で傷つくと、損傷を受けた部分に毛細血管をはりめぐらして修復しようとします。この毛細血管が皮膚を通して透けて見えた状態が赤みニキビ色素沈着の正体です。つまり赤みニキビ色素沈着は正確にいえば色素沈着ではないのですが、ほうっておくと紫や赤紫色っぽく見える色素沈着ニキビ跡(痕)に進行してしまいます。逆にいうと赤みニキビ跡(痕)の段階で正しいスキンケアをしてあげれば、ニキビ跡をキレイに治せる可能性が高いとも言えるわけです。

2.赤紫や紫色に残るニキビ跡
紫や赤紫色に見えるニキビ色素沈着は、赤みニキビ色素沈着が悪くなって皮膚奥の毛細血管が損傷してしまい斑紋のようになったものです。手足の斑紋が時間がたてば少しずつ薄くなっていくように、紫や赤紫色の色素沈着ニキビ色素沈着もケアをしっかりすれば少しずつ薄く、目立たなくなっていきます。しかしこの状態でへたに刺激を与えたり、ニキビ跡のケアを怠ったりすると大変!!治る(消える)まで何年もかかったり、へたをするとさらに悪化して茶色いシミニキビ跡になって一生消えなくなることも・・・。

3.茶色く色素沈着(シミ)が残るニキビ跡
赤や紫色のニキビ跡(痕)が残った状態の肌に紫外線対策(UV対策)をせずに紫外線を浴びてしまうと、ニキビ跡はさらにやっかいな状態に変化してしまいます。つまり炎症をおこしているニキビに活性酸素が発生すると、さらに炎症が悪化してニキビ跡になってしまう可能性があるんです!ニキビをニキビ跡にさせないためにはアクネ菌の増殖を抑え炎症をおさえること、そして活性酸素の発生を抑えることが大切なんですね。

オススメ:

ニキビ治療薬通販|吹き出物治療

イソトロイン(アキュテイン)(Isotroin)とは、抗生物質と同じような効力を持っている重症・難治性のニキビ改善に利用される治療薬です。

アジダームクリームは世界約80ケ国とても広く使われている有名なニキビ治療薬です。

クリンシトップ1%(ダラシン・ジェネリックClincitop Gelは、抗生物質であるリン酸クリンダマイシンを有効成分とするニキビ治療薬です。