ニキビ跡の原因をつきとめよう!

大人ニキビは思春期ニキビに比べ、ニキビ跡として残りやすいです。なぜかというと、肌の代謝が遅れてしまっているからです。なので、大人ニキビのケアは、ニキビを治すだけではなく、繰り返さないように、肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにしましょう。実際、20代〜30代の男性でニキビで困っている人は、全体の約50%もいます。また、20代〜30代のニキビケアを怠ってしまった為に、40代〜50代以上では、ニキビが色素沈着し「シミ」になるケースで悩まされてしまいます。20〜30代のうちにしっかりとしたニキビケアを行っておきましょう。女性も同様です。

赤みのあるニキビ跡が続くのは、お肌のターンオーバーが正常に行われていないことが原因です。ターンオーバーの周期は、通常約28日。この周期が乱れるのには、以下の様な要因が考えられます。

・睡眠不足
ターンオーバーに重要なのは「成長ホルモン」の働き!
夜更かしや睡眠不足でホルモンの分泌が乱れているのかもしれません。
睡眠ゴールデンタイムと言われる、夜10時~夜中2時に睡眠を取れない場合に起こりがちです。

・食生活の乱れ
お肌に良いとされる栄養素がビタミン。
特にビタミンCは、美肌には欠かせません。
また、タンパク質はお肌のターンオーバーを促進します。
偏った食生活を直す事で、お肌をはじめ、身体が健康になりますよ。

・運動不足
身体を動かして汗をかく事も時には必要です。
適度な運動は新陳代謝を良くし、お肌のターンオーバーも促してくれます。

・最適なスキンケアが行えていない
生活習慣の改善に加えて、ニキビ跡ケアする上で大切なのが、お肌に直接働きかける「スキンケア」です。
スキンケアは、保湿によりターンオーバーを促すことができる上に、化粧品の成分によりニキビ跡の原因に直接アプローチして、ニキビ跡を改善することができます。